居酒屋 『週末撮り鉄』

しがないサラリーマンの週末の楽しみ。 鉄道写真撮影を主体とした自己満足Blogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成田臨の定番撮影地 下総松崎築堤を行く89号機

以前ロクイチ牽引の絵をアップしましたが、ド定番の撮影地の絵をと思ったのですが、89号機しかありませんでした(爆)

なので、朝日に輝く89号機牽引の「白樺Ⅲ」でも。

EF5889_成田臨_下総松崎

諸先輩方は、この場所で500やら600の大砲を使ってました。
当時社会人に成り立てて、財力のない私はNewFD300mm f/4が精一杯の背伸びでした(笑)

でもLレンズの描写に助けられたのか、朝日に輝くパックの顔をしっかりと捉える事ができました。

EF5889+白樺(Ⅲ) 成田線 下総松崎~成田にて Canon AE-1P NewFD300mm f/4L
スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 23:48:44|
  2. EF58の思い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミト座の思い出 ~茶色になったスロ81系~

みなさまこんばんわ。
GW前半はいかがお過ごしでしたか?

私はしなの鉄道169系やら、SLレトロ碓氷やら、、、案外楽しめました(笑)

さて、今回のお題は、続きますがミト座スロ81系の話題で。

茶色にグリーン帯となってからは、PFなどのいわゆるショボい運用も含めて
案外しっかり撮っていたような気がします。(手持ちモノクロにも結構PF牽引が写ってます)

この絵2種は、割と気合いを入れて出かけたものです

EF8195__水ミト81系座_植田-泉_19890416
EF8195(田)+ 水ミト81系(座)「ふれあい」 植田~勿来 Canon AE-1P FD50mm f/1.4SSC PKL

この日は明け方から大雨、、、それでも頑張って土砂降りの常磐道を激走して撮影したものです。
この後、磐東に流れて、やすらぎ?か何かを撮影してます。

EF641001_津久田鉄橋

下の絵は、EF641001牽引のミト座。
この時は両毛でPF牽引を押さえて、関越で追っかけて、津久田の鉄橋で撮ったモノ。
EF641001とのコンビは「くつろぎ」以上の美しさがありましたね。

EF641001(高)+ 水ミト81系 Canon AE-1P FD85mm f/1.8SSC KR64
  1. 2013/04/30(火) 00:17:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

試作機の称号-『901』-② EF66901牽引 「さくら」

いまから28年前、1985年3月のダイヤ改正より、東京発ブルートレインの牽引機に抜擢された下関のEF66
ダイヤ改正当日を待たずして、ブルトレの牽引を開始したと記憶してます。

EF66901_さくら_田町

この時は、既に東京機関区に到着していた機関車群の中に、EF66の試作機、901号機を発見し、
大学の講義が終わった後、田町駅の突端に駆けつけました。

既に多数のファンが待ち受ける中、1列車「さくら」を牽引してやってきた901号機
EF66901は最高速度100km/hの高速貨物牽引用に試作されたEF90 1がその前身。

毎度のWikipediaによると・・・<以下引用>

昭和40年度第2次債務により、1966年(昭和41年)9月にEF90形として川崎車輛+川崎電機で製作された。
本形式の前身となる試作機である。最高速度 100 km/h の高速貨車コキ10000形・レサ10000形などと同時に試作され、各種試験に供された。~(中略)~
1968年(昭和43年)、量産1次車が製作されたのと同時期に量産車と仕様を統一する改造を行い、量産車と同じEF66形に編入して番号をEF66 901に変更した。
前面窓の桟の移設は1987年(昭和62年)の全検入場時に行われた(以下略) 


コイツと相性が悪かったのか、ブルトレはおろか、貨物牽引ですら、撮影できたのはこの1回のみ・・・。
運用を知っていても、自宅からは遠い(朝始発ではたどり着けない)スーパーライナーなどなど
難攻不落のカマでした。
  1. 2013/04/29(月) 11:59:40|
  2. 試作機の称号--『901』--
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピカピカでした♪

169系湘南色の撮影の後、9連となる午後の部は「しな鉄カラー」の連結があるので
イマイチ編成美に欠けるし、光線もイマイチな感じなので、里に戻る事にしました。



中軽井沢駅前で、会社の元先輩が出店しているけろけろキッチンさんにおじゃまして
美味しいお弁当を購入。(ちょうど忙しいお昼時におじゃましてすみませんでした m(__)m )
*ここのお弁当、美味しいですし、地元の方もたくさん買いに来てますので、是非お立ち寄りを!

軽井沢からは、「新幹線ではつまらないなぁ」・・・と駅前のバス停に立ち寄ると、
ちょうど碓氷旧道経由の横川駅前行きバスがあったので乗車。
標高1000m付近の軽井沢は、まだまだ初春の芽吹きだったのですが、
高度を下げていくと、目に見えて新緑が増えてくる。

途中の「めがね橋」では、たくさんの行楽客が、煉瓦造りの橋上を歩く姿が車内からも見えました。
(一度歩いてみようかな?)

横川駅前では「おぎのや」さんの出店で、峠の釜飯を購入。
いつのまにか、1000円になっていたんですね(笑)

駅のホームを見ると、折り返し待ちのSL「レトロ碓氷」号が停車してました。
指定席も若干余っているようですので、発車30分前に車掌さんにお願いして、車内購入。
最後部のスハフ32 2357に乗りたかったので、「最後部で!」と指定したら
ホントに一番後ろの19Dを出してくれました(笑)

高崎までのんびり1時間、TR23の心地良い?揺れを肴に、ハイリキで一杯やりながら客車列車の旅を堪能しました。

高崎で降車した折、ぴかぴかに磨かれた842号機のプレートをパチリ!
たまにはこんなのんびりした撮影行もいいもんですなぁ。
  1. 2013/04/29(月) 11:27:12|
  2. DL・DC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

しなの鉄道169系湘南色

最近人混みの中で撮影したことが無かったので、今日はあまりの人の多さに、人酔いしそうでした(笑)


169系ラストラン_130428

列車通過時には、浅間山の頂上にあった雲もすっかり取れて、良い感じになりました。

さすがに到着から3時間近く立ったままで列車を待っていたので、ふくらはぎパンパンです。


2013.04.28 しなの鉄道169系6B 急行「信州」 御代田~平原にて
  1. 2013/04/28(日) 22:52:53|
  2. 電車(特急・急行・ローカル・私鉄)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DE10牽引 お座敷列車 ~水ミト81系「ふれあい」~

皆様こんばんわ。

私が撮り鉄になったころは、シナ座と言われたスロ81系のお座敷列車。

1986年に新シナ座「江戸」(12系改造)が登場したあとは、水戸に転属して活躍した客車。
とくに1989年4月の入場で茶色に黄緑の渋い塗色に変更されてからは、よりレトロ感がまして
各地へ追っかけていたものでした。

この時は、常磐~磐東~水郡と、いわゆる水戸局管内を一周するようなルートで運転されたもの
牽引機もEF81→DD51→DE10とバリエーションに富んでました。
DD51は夏井川の山の中で迷ってしまい、タッチの差で追いつきませんでした。
当時、カーナビなんてモノがあれば、当然4~5回追っかけできたでしょうね。


DE10_ミト座_水郡俯瞰

撮影地もほとんど未開拓の水郡線では、助手席のナビならぬ"国土地理院1/25000地図"を横目で見ながらの
追っかけでしたが、なんとか途中駅の停車時間の長い駅で抜いて、4回撮れました。

上のカットはその中の1コマですが、結構有名な場所だったとは、この時から2~3年して知りました(笑)

ちなみに、この日家を出てしばらく行ったところで、「ね○゛み○り」に遭遇。。。。。
「赤いきっぷ」(爆)を頂戴したのは今となっては若さ故の過ちだったかと。(>_<)

  1. 2013/04/21(日) 22:20:42|
  2. DL・DC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

冬の風物詩 ~EF58牽引 成田臨~

皆様、こんばんわ。

ここ2週ほど週末の天気が思わしくなく、非鉄の日々です。

今週は土曜日は晴れだったものの、所用があって非鉄。
久々にレンタカーで遠出したので、疲れが残ったらしく、地震でいったんは目覚めたものの、
窓から見える空はなんとな~くモヤモヤって事で、惰眠を貪る事に。
そんなこんなで、今週もカメラにさわらず終わりそうです。

さて、今日のお題も過去ネタから。

かつて年初5日頃から、千葉県の成田市にある「成田山新勝寺」を目指した初詣臨時列車が
各地から運行されてました。
関東地区出発のものはほとんどが電車でしたし、客車で来てもせいぜい長野局の白樺や高崎の12系、
そして常磐から入ってくる尾久の14系が関の山、牽引機も田端のPF、常磐からのは佐倉のDD51か
田端のEF81スルーということで単線片持ちポールなのに足か向かずに見送る年が続きました。

おそらく1988年だったかと思いますが、ひょんな事からEF58が牽引することになりました。
「どうせ、パック(EF5889)だろうな」と思っていたら、なんとそのとき、田端にはあのロクイチ(EF5861)が
交番検査(台検だったっけ?)で駐留していたんです。
(まぁ、これもある程度仕組まれていたんだと思いますが・・・(笑))

交番検査あけの久喜試単(試運転単機)を金曜日済ませれば、○仕のあとの72時間ルールで
必然的に成田臨などの列車に投入が予測できました。

その予測通り、翌朝日の出とともに成田線に入ってくる長野局簡易和式12系を上野にてEF62から引き継ぎ
ロクイチが成田を目指して出発!

ほんとうに線路に冬の低い太陽が線路を照らすや否や、彼方から近づいてくる、茶色い塊(笑)
神々しく、そして鈍く光るロクイチは、さっそうと我々の前を駆け抜けて行きました。

その数週間後、顔面ドアップを捨てて、成田線らしいところということで、安食の少し手前にある長門川の鉄橋へ。

ここはポールが北側にあり、サイドが綺麗に出るし、利根川に流れ出る寸前なので、ほとんど流れが無く
無風ならば水鏡が期待できる場所。

既に先週大学の先輩が下見に行って、日の当たり具合もチェック済みだったので、後は風が吹かないことを祈るのみでした。

果たして、冬の斜光線、ほぼ無風の中、ふたたび簡易和式を牽引してきたロクイチ。
川面に映る美しいサイドビューを無事ゲットできました!
アングルの詰めは甘かったものの、今後同じチャンスが巡ってこなかったので、この際パンタに生やしてしまった送電線の角は我慢します(笑)

EF5861_成田臨_長野簡易和式

いまや、成田臨は電車での運行はあるものの、客車での運行は無くなり、寂しくなってしまいました。

EF5861(田端)+長野局12系ハ・ハフ(簡易和式) 成田臨 Canon AE-1P FD50mm f/1.4SSC
  1. 2013/04/14(日) 17:43:47|
  2. EF58の思い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シュプール号の思い出

日付も変わりましたが、皆様改めてこんばんわ。

今回アップするのも、過去振り返りシリーズです。

毎年、冬の楽しみだったシュプール号。

当時スキーがおもしろくて仕方が無かった頃、スキーを兼ねて週末白馬によく出かけてました(笑)
(どっちがメインだったかは、、、記憶にございません)

DE101118_PP_20系シュプール

返しは半逆光に、屋根を輝かせて走ってくる大ミハ20系使用の列車をメインに狙ってました。

雨飾山が見えないので、列車主体です。
PKLなので、若干オーバー気味ですがお許し。

ああ、、、この頃は良かったなぁ、、、こんな列車がばんばん走ってくるし、
キハ181系使用の列車もあったし、もちろんリゾート14系も。。。
もう一度、この時代に戻りたいなぁ・・・。
  1. 2013/04/08(月) 00:23:37|
  2. DL・DC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山都の鉄橋を望む場所

みなさん、こんばんわ。

今日は台風一過のようなクリアな青空。
でも昨夜夜更かししたので、朝トイレに行ったあとの二度寝から目覚めたのは11時を回った頃(爆)

なので今日は散髪したり、CSで野球観戦したりとのんびりまったり過ごしてました。

今日の「絵」は北オク座を。

この日は磐西非電化のエースとも言われたDD5175号機牽引のイベント列車「さよなら客車列車」が運転された日。

その他にも専用機DE101701牽引のシルフィードや、この絵のDE101678牽引のオク座など、ネタが集中してました。

前夜のムーンライトえちご(あの渋い165系)に乗って新潟入りして、普通列車で日出谷に到着。
福島の友人にピックアップしてもらって、745号機を追っかけた後は、昼飯の時間も惜しんで
山都の鉄橋が見えるアングルに向かいました。

既に先客多数で、ベスポジは撮れなかったものの、鉄橋全体を見渡せるアングルに三脚を構えました。

レリーズを押した瞬間は、「よし!」とVを確信したものの、数日後に上がったポジには
河原に車や撮影者が写っていたり、、、電柱、工事用のプレハブ?などなど、アングルに問題が多かったのでした。


少し色づいた山をバックに走るオク座、右奥にちらっと見える、うっすら雪山も好みです。

1995.11.26 DE101678+北オク(和式) 喜多方~山都 PENTAX 6x7 SMCT 300mm f/4

  1. 2013/04/07(日) 21:08:07|
  2. DL・DC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしの画像から ~20系急行「おが」~

皆様こんばんわ。

4月に入ると、3月末の暖かさはどこに行ったのか?と思うくらい寒い日だったり
「台風か!?」と思えるくらいの強風と雨が降ったりと、異常な日が続き、
更にサラリーマン撮り鉄のストレス発散の場を、これでもか!とKO寸前の土日「曇りor雨」の天気が続いてますね・・・。

そんなこの週末もYahoo予報では、芳しくない予報ですな。

さて、先週までに、ほぼ全ての手持ちモノクロネガのスキャンを終え、今週からカラーネガとポジに突入。

既に退色が始まっているコマもあり、早急にやらねばと思うのですが、意外と時間がかかります(汗)

さらに不安なので、バックアップ用のHDDも用意した方がいいのかなぁ~とも思ったり、、、


前置きが長くなりましたが、今回は久々に旅客のDD51の画像でも。

1990年に入ると、新在直通の山形新幹線向け工事が本格化し、奥羽本線経由で運行されていた列車の他線区への迂回運転が始まりました。

ちょうど、臨時急行の「おが」が北上線経由で運転されるということで「を! 秋田のDD51が撮れるぞ!」と、出撃チャンスを窺っておりました。

仕事も一段落した9月の敬老の日あたりに有休を集中して取り、板橋の自宅から愛車パルサーミラノX1と共に東北道を北上。
単独遠征の為、途中国見や古川あたりで何度も落ちかけましたが、何とか夜明けと共に、北上江釣子ICをランプアウト。
近所のコンビニで、目覚めの缶コーヒーで一服、気合いを入れ直します。

ともかく初訪問の北上線。とりあえず知ってる場所ということで、錦秋湖の鉄橋アングルへ。

既に多数の撮り鉄が集結してる脇に場所を空けてもらい三脚を構えます。

鉄橋に朝日が差し込む荘厳な光景を楽しんだあと、しばらくすると、彼方からDD51のサウンドが近づいてきました。

「ピントよし!」
「レリーズよし!」
「カメラのスイッチOK!」
「絞りとシャッタースピードOK!」
丁寧に確認して、じっとその瞬間を待ちます。

そして数分後、スポットライトを浴びたように輝くコンクリート橋を行くDD51+20系の全編成が
太陽に照らされた瞬間に、当時の相棒AE-1Pのレリーズをぐっと握りしめたのでした。
(当時は秒3.5駒でも十分満足してました)

ナハネフ22だったらなぁ~とか贅沢は言いません。

長年、ポジBOXに眠っていたVカット。。。。

こんな時代に戻れないかな~~~(爆)

DD51_おが_北上線

1991年9月15日 北上線 ゆだ錦秋湖~ほっとゆだ Canon AE-1 Program FD85mm f/1.8SSC  RDP(+1)
  1. 2013/04/04(木) 22:48:20|
  2. DL・DC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

追いかけた日々 ~れいんぼきしゃ” EF651019 ”の思い出

1987年3月、国鉄分割民営化直前に、鉄道ファンの度肝を抜くデザインでデビューしたこの列車。

当初から塗装も揃った「専用機」を持ってのデビュー!

試乗会当日に見たEF65PFとEF81の塗装もド派手!!
車体側面には、その形式をあらわす「EF65]、「EF81」のロゴ。。。
ホントに驚くばかり。
国鉄時代には考えられなかった斬新さも、撮る側としての楽しみとして加わりました。


過去ネタスキャンの中から見つけだした数枚の中から、とりあえず上げてみました。

1枚目は、高崎線の定番、岡部駅南側の線路端です。
この陸橋には、かつて「オリエントExp」が来日した時に、撮影して以来、幾度となく足を運びました。
駅からも近いし、橋の下に車を停められるし、良い場所でした。
EF651019_レインボー岡深俯瞰

夏(初夏)の綺麗な空の下、正調編成が駆け抜けて行きました。
*ネガカラー(EKTAR100)からのスキャンなので、イマイチ色合いが上手くでません。。。


二枚目はなぜか平日に撮影してますが、思川~小山間を行くオリエントサルーン
この時は信越~高崎~伊勢崎~小山~黒磯(以下略)とあったものです。

恐らく運転報情報も含め、数日前にこの運用に入る事を察知できたんでしょうね。(笑)

EF651019_19971016_オリエントサルーン回9631_思川

平日にも関わらず、この場所には10名近く集まりました。
もちろん、小山停で抜いて、東北線まで追っかけましたが。

もうこれからは、こんな「バブルの産物」が鉄路に復帰する事はないでしょうね。
正直、二代目の1118号機よりも、こちらの1019号機の方が追っかけ甲斐があったような・・・
なので1118号機との巡り合わせも、撮影チャンスも少ないんですね(笑)
  1. 2013/04/03(水) 00:11:16|
  2. 直流電機(私鉄含む)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

学生時代は遠かった東海道線での撮影

学生時代は、ホームグランドが東京北局管内だったので、東京南局管内、特に横浜以遠は遠く感じたんです。
なので高校、大学時代のモノクロネガには、東海道を行く沼津、稲沢、吹田、岡山のEF65なんて
ほとんど写ってませんでした(笑)

でも探せばあるもんですね、、、ここ数週間の過去ネタ発掘スキャンで出てきました。

☆これは、恐らく9027レの踊り子59号を撮影後、小田急に乗り換えて帰宅したのでしょうか?
小田原の貨物線から旅客線に合流するところを撮ってますね。
EF65102 (たぶん稲沢) 編成もワム8にタキが1両と、良い味だしてます。
EF65102_ワム8000
◎東海道本線 小田原駅にて。



☆続いて、末期はエース級の人気だった PFのトップナンバー 1001号機
この頃はどこの所属だったのだろうか?? 新鶴見?それとも吹田??
かつての3383レでしょうか? つい最近では951レかな? これも団臨を撮りにいったついでのようです。
EF651001_根府川_貨物
◎東海道本線 根府川駅にて


☆ラストは恐らく3461レでしょうか。オール茶ワムの素敵な編成。。。天気も良かったようです。
カラーで撮ってない事が悔やまれますねぇ・・・。
このネガの前後には踊り子号や急行東海、客車踊り子(もちろん61号機牽引)が写ってますので
こちらも踊り子59号撮影ついでかと。。。
EF65一般ワム8_3461レ
◎東海道本線 根府川~真鶴にて
今は根府川鉄橋は様変わりしてしまいましたが、立ち位置を変えて、また訪れたいです。
  1. 2013/04/02(火) 02:14:10|
  2. 直流電機(私鉄含む)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

kaz2089

Author:kaz2089
趣味の鉄道写真撮影をかなり不定期に公開しています。
※最近は登山にハマっていて、本業は若干放置プレイですが・・・(笑)
特に形式や場所にこだわりを持たず、まさに「居酒屋」的に雑多なメニューで、気ままに撮影してます。
個人的に『人混み』で撮影するのが苦手(笑)なので、ネタモノは少ないです。
最近の撮影主体はローカル線のディーゼルカーが多いようです・・・。
足跡とともに、お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

紀勢本線(DD51、DCなど) (21)
DL・DC (17)
四日市界隈(関西線・臨港線) (0)
八高線 (2)
EF58の思い出 (5)
台湾鉄路 (2)
直流電機(私鉄含む) (14)
交流・交直流電機 (14)
試作機の称号--『901』-- (2)
SL (2)
電車(特急・急行・ローカル・私鉄) (7)
縁の下の力持ち~事業用車~ (1)
使用機材のお話し (0)
未分類 (11)

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセス総数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。